ブログトップ

P-助のなんとなくblog

hkago.exblog.jp

あくまでなんとなく

夢は今もめぐりて 忘れがたき ふるさと

とある昼下がり・・・

P-助、無理は承知で1本の電話をかけていました。
「お願いがあります!あのピアノ、使いたいんですが・・・」

電話の受話器から聞こえてくるお返事を待つ数秒・・・
私には何十分にも感じました。

『ありがとうございます!是非使ってあげて下さい』
ヽ( ^^)ノヽ(^ ) ヽ(^^ )^-^)ノ

・・・

10月2日、仙台市民会館で行われる『あさみちゆきちゃん』のコンサート、
「せっかく仙台に行くのだから、あのピアノを使えないだろうか?」

そうです。このブログでも何度もご紹介した七ヶ浜町で津波の被害にあった
あのピアノ・・・

仙台市民会館には立派なピアノが2台もありました。
『どっちのピアノを使います?』
と連絡が来たとき・・・

何故だか、
「また必ず弾きに来るから!」
と今年の3月に約束して別れた、あの被災ピアノが私に話しかけてきました。

何の確証も無いのに、つい
「ピアノ持ち込みって可ですか?」
『はぁ?』

なんとまぁ、闇雲に突っ走ったものです(笑)

前例のない事なので、まずは許可をとるのに奔走!
現在ピアノがある七ヶ浜中央公民館、搬入する市民会館、運送業者、持ち主の由美さん、
もちろんメティちゃんやワタさん、ちゆきちゃんや社長・・・

皆さんの温かい気持ちで全てOKが取れて、喜び勇んで、
あのピアノを修復した神の手を持つ、クラビアハウスの松木さんに紹介して頂いた
仙台の調律師、佐藤さまを通してキープしていた運送会社に連絡してもらったら、
『お返事が無かったので、もう別の仕事を入れてしまいました。すみませんがお引き受けできません。』
ガーン
。。゛(ノ><)ノ

確認作業に手間取り、遅くなってしまったのが原因でした。

文句は言えません・・・

佐藤さんに、
「別の運送会社さんはありませんか?」
と聞くと、
『無い事はないが、値段が倍以上かかります』
とのこと・・・
・・・・・.( ▽|||)・・.

今回、全くの私の我が儘でピアノを使う為、別に予算がある訳ではありません。
私のポケットマネーでやるしかないと思っていたので、
さすがに諦めざるを得ません(T^T)
残念無念・・・
。・゜゜・( ̄◇ ̄°*) ・゜゜・。

折角みなさんが協力してくれたのに・・・
・・.( ▽|||)・・.

翌日、
「どうやってみなさんにダメだったと連絡をすれば良いんだろう・・・」
がっくりと肩を落としていた所、
仙台の調律師佐藤さんから電話が!!!
『運送会社さんが頑張って人材を他から集めてくれたので、OKになりました』
な、な、な
何ですと!!!!!

い、い、い、
いやった~\(o゜▽゜)/
ありがとうございます・゜゜・( ̄◇ ̄°*) ・゜゜・
人の温かさに震えました。

感謝感激!佐藤さんを紹介してくれた、あのピアノの救世主、
クラビアハウスの松木さんにお礼のメールをしました。

本当は、あのピアノを修理した松木さんに調律をお願いしたかったのですが、
松木さんのクラビアハウスは横浜にあります。さすがに私の予算では無理です。

「残念ですが主催者様に用意していただいた調律師さんを使います。」
と書いたら、即返事が!!!

『私が行きます。今の調律師さんは断って下さい』

なんとも熱い熱いお返事が!!!
ですが、
「交通費も調律代も恐らくほとんど出せないっす・・・」

本当に情けなかったです。が、ビックリするお返事が!!!
『あのピアノで、籠島さんが弾くのに、私が行かない訳にはいきません。深夜バスを予約しました。私が行きます!』
な、な、な・・・

私、泣きましたわ。

すると主催者さまから、
『もとの調律師さんがキャンセル料はいらないとのことなので、
調律代はこちらがキチンとお支払いします。』
と連絡が・・・
な、な、な・・・
全てが良い方向に転がっていきます。

P-助の単なる我が儘だったんですが、本当に
いろいろ各方面の方々が協力して下さいました。
なんとありがたい事でしょう・゜゜・( ̄◇ ̄°*) ・゜゜・
やはり、あれだけの震災で生き残ったピアノです。
何かの力があるに違いありません。
そんな気がしました。

無事に全ての手筈が整いました。
あとは当日を待つのみ。

・・・

10月2日当日・・・
c0127670_22202070.jpg

不安いっぱいで東京駅を出発しました。
無事にピアノは会館に到着したかな~・・・

新幹線に乗っていると松木さんから電話が!!!
『ま、まさか!!!』
と嫌な予感がよぎりました・・.( ▽|||)・・.
が、
無事届いて調律中とのこと。
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ
良かったぁ~!

仙台に到着です!
c0127670_22353694.jpg

むすび丸くんがお出迎えしてくれました!

タクシーが会館に滑り込みました。
楽屋に荷物を放り込むと同時にステージに走っていました!

松木さん!!!
c0127670_22364155.jpg

ありがとうございます!!!もうそれしか言葉になりません。

久しぶりに会ったピアノも元気そうです。
『やっぱり長いこと使ってなかったから、低くてなかなかピッチが合わないんだよ』
c0127670_2248066.jpg

1人黙々と調律しています。
もう感激で言葉も出ません。

ピアノの向きが逆です。
大屋根と言われるピアノの蓋は、実はピアノから出た音を反射させて前に飛ばす大切な役割があるんです。
だからいつもピアノは開口部を客席に向け、上手を向いて弾きます。

メティスとマネージャーのワタさん、今回本当に無理なお願いを快諾してくれました。
ワタさんはこのピアノを使うとき、この向きにこだわっていました。
『この大屋根についたキズが、七ヶ浜で津波に遭ったピアノである証です。音響的にはこの向きが良くないのはわかります。が、皆さんに目でも感じて欲しいんです。』

今日のBlog、最初の電話の主は、メティスのマネージャー、ワタさんです。
仙台出身で自らの実家も被災してしまい、このピアノの修復に全力で挑んだワタさんの気持ちに応えるべく、今回も向きを逆にさせてもらいました。

仙台市民会館・・・
c0127670_2311854.jpg

前回はバンドできましたね!

ピアノが届いて、松木さんの全力調律を見たP-助は、一安心ヽ(´o`;
安心したらお腹がすいてきた(笑)ので、目の前のコンビニにお弁当を買いに行きました。
すると、
c0127670_2333044.jpg

信号待ちをしてるときにふと横を見ると、市民会館の隣には蒸気機関車がいたんですね!
ひっそりと眠る機関車をみて、
「微かな記憶、蒸気機関車・・・保存する事も本当に大切です。が、二度と汽笛を鳴らすことが出来ない、この蒸気機関車のように、あのピアノを眠らせては絶対にいけない!だってまだ歌えるんだもん」と強く心に誓いました。

さて、リハーサル開始です。
c0127670_23202028.jpg

また会えて、そして弾く事が出来て本当に嬉しいです。よろしくね!声をかけると、『遅いですわよ』って言われた気がしました(笑)

松木さんとちゆきちゃんとで!
c0127670_23112513.jpg

人と人との縁を大切に、今日もこのライブの為に力を貸してくれた全ての人に答えるために頑張ります!!!

間もなく開場10分前・・・
c0127670_23231222.jpg

松木さんは最後の最後まで一生懸命調律をして下さいました。まさにピアノ愛・・・

会館裏の広瀬川のゆっくりとした流れが
c0127670_23254179.jpg

心を落ち着かせてくれました。

もう頑張るとか違いますね。
c0127670_2327451.jpg

みんなの気持ちと、ピアノの気持ちを胸に「行ってきます〜!!!」

温かいお客様・・・
本当に、本当にありがとうございました。
ちゆきちゃんの歌、本当に素晴らしかった!!!
全てはお客様の拍手が物語っていました。
とにかく、何を置いてもそれが嬉しかったです。

ちゆきちゃん、今回、この仙台の地のライブにお誘い頂いて本当にありがとう\(^^@)
そして、私の我が儘を聞いてくれてありがとう(T^T)
お疲れさまでした!(ノД`)

また、
人に迷惑をかける事を一番嫌う人間味溢れる社長・・・
楽屋で、黙って私に輸送費を手渡してくれました。
「私の我が儘でご迷惑をかけているので受け取れない」
と断ると、
今回は素敵な出逢いでした。その気持ちです!と頑として受け取ってくれません。

私はどうしたら良いのでしょう・・・
。・゜゜・( ̄◇ ̄°*) ・゜゜・。

一台のピアノの復活を本当に喜んで、そしてそのピアノが歌う事に惜しみない力を貸してくれる皆様・・・

本当に奇跡としか言いようがないです。




じつは・・・

そして、もう一つ信じられない奇跡が・・・



人の縁とは不思議なものです・・・



この被災ピアノの持ち主で、もちろん自らも被災された由美さん。
未だに仮設住宅に住んでいるお母様と一緒にライブに遊びに来てくれました。
終了後、かごPとはゆっくり話せていないので終わったら飲みましょう!
とお誘い頂いて、PAの石塚さん、松木さんと共に、
c0127670_075347.jpg

カンパーイ♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

松木さんのピアノ愛の話で爆笑して、美味しいお酒が進んでいきます。

私のピアノ歴の話になり、
「高校3年から始めて音大に行きました」
『何処の音大?』
みたいな話になりました。
由美さんには今まで何度もお目にかかりましたが、よく考えてみれば、自宅にグランドピアノがある。
しかもピアノを教えていらっしゃるという情報から音大に結びつかなかった私は、やはり音大の異端児ですね(笑)
「昭和音大です」
と答えると・・・
『え〜!』
『私も昭和の短大です!』
.。ooO(゜ペ/)/

まさかのまさか・・・

あの写真に涙し、ワタさんと共に必死になって修理工場を探し、今まで何度もお話ししてきた由美さん!
なんと、大学の先輩でした!

こんなこ〜とあるかし〜ら・・・

年齢がわかっちゃうので、後で怒られちゃうかもしれません(笑)が、由美さんが卒業した年に
私が入学したので、大学では会う事はなかったんです。

ですが、お互いに尊敬していた先生の事。
薄暗いピアノ練習室の事。
何故か緩い格好で練習に来る寮生の事。
学食の事・・・・・・

もう、想い出が吹き出してきて笑いが止まりません。

まさかまさか、あの被災ピアノの持ち主の由美さんが大学の先輩だったとは・・・
あの同じ校舎で一緒にピアノを練習していたと思うと・・・
ヽ(*^^*)( *^^)( *^)( *)(  )(* )(^* )(^^* )(*^^*)ノ

話は尽きません。
翌日、私は七ヶ浜の中央公民館にお礼に行くために、帰りに新幹線をフレキシブルにして、レンタカーでも借りて七ヶ浜へ向かう予定でした。

由美さんが、『明日は夕方にレッスンが入ってるだけなので、案内してくれると仰って下さったので、先輩!!!甘させて下さい(笑)』

楽しい宴も終わり・・・
c0127670_028979.jpg

本当に皆さんありがとうございます。

駅から歩いて行くと・・・
c0127670_0321255.jpg

今年の5月にライブをやったZepp仙台が跡形もなくなくなっていました。
((((;゚Д゚))))))) 
これはこれで寂しいですね〜・・・・

気が付いたら・・・

ホテルで爆睡・・・

・・・・・



翌日、見知らぬおっさんに、たたき起こされます!
『もう12時です!チェックアウトの時間はとうに過ぎてます!!!』
今まで、いろいろ伝説を残してきたP-助ですが、ホテルのスタッフに部屋に突入されて直にたたき起こされたのは初めてです(笑)

何が起こったのか全くわからない、とりつく島もないP-助はあわてて身支度を調えてホテルを出ました。
「そうだ!由美さん!!!」

慌てて携帯を見ると・・・
\(_ _。)

やっちまった・・.( ▽|||)・・.

すると電話が鳴りました。
由美さんです!
スミマセン、すぐ向かいます<(_ _;)>
急いで待ち合わせ場所に向かいました。

やさしい由美さんは笑顔で迎えてくれました。

美味しいお寿司屋さんがあるので是非!!!
と、連れて行ってくれました!
c0127670_0405834.jpg

鮨のしおがまさんです!
もう、鮨という字に、「あぁやっぱり繫がるんだなぁ〜」と、ちゆきちゃんの『鮨屋で』が頭の中を流れます。

さすがに熱燗はいけません(笑)

大将がまた、お話が上手で引き込まれます。
そして、本当に美味しいお鮨\(o゜▽゜)/
c0127670_0441255.jpg

マグロとか、とろけすぎてやばかったです( ̄ρ ̄*)

また、バイク好きと言う事で話が弾んだんですが・・・
c0127670_316869.jpg

何なの、このミスマッチ(笑)

本当に美味しかったです!
塩竃恐るべしです。
もしお近くに行ったら是非!!!\(^^@)

そしてそして、
c0127670_0501659.jpg
由美さんの案内で七ヶ浜中央公民館にやってきました。

担当だった方に直接感謝の気持ちを伝える事が出来ました。
町の役場が、一個人の我が儘を聞き入れてくれる事なんてあるんですね。
それだけこのピアノに対する想いが強く、温かいという事なんでしょう!!!
また、由美さんのお人柄のおかげなんですね!!!
ありがとうございます。頭が下がります。

あの被災ピアノはここにあります。
c0127670_0514452.jpg

中央公民館の談話室です。

無事に市民会館から帰ってきていました!
c0127670_056392.jpg

お疲れさま!ありがとう( ´ ▽ ` )ノ
ですが、何だかやっぱり寂しそうです。

こんなに広い部屋にぽつんと・・・
c0127670_058480.jpg

由美さんが弾いているアップライトピアノは、震災で流されてしまった保育所がまもなく再建されるので、そこに寄贈するために由美さんが探してきたアップライトです。

やはり、ピアノ愛・・・・
(ノД`)

そしてそして、うれしいお知らせです。
c0127670_134457.jpg

七ヶ浜中央公民館談話室にある、この被災ピアノ、部屋が空いていて連絡さえいただければいつでもどなたでも弾いて貰って大丈夫です!と、担当の飯野さまが仰ってくれました\(o゜▽゜)/

まさかまさかの連続です・・・

あくまで町の施設です。ご迷惑がかからないよう気をつけて頂いて、
でもでも是非是非、この被災ピアノに会いに七ヶ浜中央公民館を訪れて下さい。
担当は飯野さんです。飯野さん、素敵な提案、本当にありがとうございました(T^T)

さて、東京に戻りますが、先ほどの『鮨のしおがま』さんに忘れ物をしてしまったP-助。
取りに戻ると由美先輩のお仕事の時間に間に合わなくなっちゃいます。
ですが、寄って頂いたので、仙台駅に向かっている場合じゃなくなりました。
私は時間は大丈夫だったので急ぎレッスンをするお宅に向かいます。

車中も気が付くと大学の話です。
「そういえば短大のピアノ科に男の先輩が居ましたよね?」
『私あんまりピアノ科に知りあいが居ないんだよね〜、どっちかって言うと管弦打、歌科に知りあいが多かったんだよね〜Sさんとか・・・』
「えぇぇぇぇぇっぇぇぇ」
.。ooO(゜ペ/)/

もうすでに私の脳みその中は理解不能です。
あのぅ〜、基本そのSさんに毎週あってるんですけど・・・
しかも明日も会うし・・・

大尊敬の先輩Yさんの名前も出てきて、私はいきなり大パニックです。

鹿児島の飲み屋でワタさんに見せて貰ったあの痛々しいピアノ・・・
その持ち主が大学の先輩と言うだけでかなりの衝撃だったのに、
未だに交流のある先輩方をよく知っているなんて・・・
その先輩の住んでいた、たまり場だったアパートの名前が出てきたときには、
私の頭の中はエラーがでまくりでした(笑)

そんな事なんてあるんでしょうか???

たぶんこの状況を文章で説明するには、あと3年はかかるでしょう(笑)

さて由美さん、レッスンに10分ほど遅れて到着しました。
「本当にすみません」<(_ _;)>
レッスンが終わるまで、近所のファミレスで珈琲を飲んで、頭の中を整理していました。
まぁ無駄な努力なんですが(笑)

電話が鳴りました。
『かごPいまどこ?』
「近所のファミレスです」
『一曲弾いて』
「はぁ???」

お年を召してからピアノを始めた奥さんのレッスンが終わると、
どういうわけか、そんな話になったので、ピアノを弾けと・・・

この無茶振り感覚、どこかで・・・(笑)

と、思いつつ、お話を聞くと、本当にタメになる素敵なお話をしてくれた
ご主人。本当にありがとうございました。

ピアノを弾くと本当に喜んで頂いて、
初対面のご夫婦なのに、『夕ご飯でも食べてって!』
って、あのあの(@@;)
良くわからないんですが・・・(笑)
気が付くと何だか食事を頂いているP-助・・・

ますます脳内の整理がつかなくなってきました(笑)

私のとなりにいるのは、尊敬する大先輩達やお世話になった先生を良く知っている大学の・・・
目の前には今日、初めてお会いした私の父ほどの年齢のご夫婦・・・
側には可愛いワンちゃん・・・
そしておいしい食事・・・
?????

もう、思考回路は停止しました(笑)

ただただ衝撃で本当に楽しかったです。
初対面なのにいろいろタメになるお話をして頂いて、
そして何より、本当にごちそうさまでした。

由美さんに仙台駅に送っていただいて、本当に最後の最後にSさんと電話が繫がりました。
由美さんと話すSさんの驚き!!!携帯電話の受話器からビックリマークが見えました(笑)
今日Sさんにあって話したら『5億円の宝くじに当たったようだよ!』と・・・
まさにその通りです。

あのピアノが引き合わせてくれためぐり逢いとしか思えません。

仙台駅で、今回は本当にありがとうございました。
由美さんのお力がなければ今回のピアノは借りる事はできなかったし、そして何より
こんな素敵な青春時代が隠れていようとは思いもしませんでした。
c0127670_1385122.jpg

由美さん、本当にありがとうございました\(^^@) そして、まさかの出来の悪い後輩ですが、これからもよろしくお願いします。

帰りの新幹線・・・
ご協力頂いた皆さん、本当に本当にありがとうございました<(_ _;)>
私は幸せ者です。
c0127670_1405797.jpg

理解不能で、一人真っ白な灰になっていたP-助でやんした・・.( ▽|||)・・.
[PR]
by pf-key-kago | 2012-10-05 02:19 | ありがとう