ブログトップ

P-助のなんとなくblog

hkago.exblog.jp

あくまでなんとなく

本屋さん・・・

20代、コンビニでバイトしながらが明日を夢見て頑張っていた時代、バイトしていたコンビニの前にあった本屋さんが、私の憩いの場の一つでした。缶コーヒーを差し入れて店長と二人で煙草を吸いながらくだらない話をしていた日々。『本が売れなくなったから店を閉める』というので、お手伝いを買って出ました。たくさんの本が店長の知りあいの本屋さんに引き取られていきます。当時としては英断だったんだと想いますが、今、便利な世の中になって、本や雑誌が売れなくなってます。でも、紙には神が宿ってると想います。どんなにめんどくさくてもコンピューターで作っても、楽譜はすべて紙にします。そこに苦労したいろいろな想いが見えるから・・・コンビニで大量に楽譜をコピーしながらふと想い出した独り言です。。。。すみません、上手く言えないでやんす(笑)
[PR]
by pf-key-kago | 2013-10-24 02:05 | おやじの独り言