ブログトップ

P-助のなんとなくblog

hkago.exblog.jp

あくまでなんとなく

<   2013年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

とある日の朝・・・

日々の激務で、

グダグダで目を覚ますP-助。。。。



いつもだったらば、

やっべーぇぇぇぇ
ヘ( ̄□ ̄;)ノ ヽ(; ̄□ ̄)ヘ

と、慌てて準備して、『スミマセンちょっと遅れます・・・』

などという情けない連絡をする羽目になるのですが、

その日は、何故かちょっと早くに目が覚めました。

ここで安心して、のんびり準備して痛い目を見たことも、、、

『こういうときこそ、頑張って早く出よう!!!』

と、準備をしながらP-助は滅多につけないTVのスイッチを入れたのでした。

ちょうどニュース番組が流れていて、
『明日から、小田急線の世田谷代田から東北沢までの区間が地下化されます。
いままでの地上の線路がなくなり、開かずの踏切がなくなります!』

・・・

世田谷代田!?・・・

・・・

踏切!?・・・








P-助、世田谷代田には忘れられない想い出があります。





いまもさかのぼること40年ほど前・・・
小学生だったP-助は大好きだったおじいちゃん、おばあちゃんの家に、
初めて一人で遊びに行くことになりました。

小田急線の世田谷代田からバスに乗って行くおじいちゃん、おばあちゃんの家。

もちろん、一人で電車に乗ったことなんてありません。

お母さんが丁寧に乗り換えの場所、乗る電車等を
紙に書いてくれて、気を付けて行ってくるんだよ!と送り出してくれました。

ちいさいちいさい、P-助少年初めての一人旅・・・

『せいじょうがくえんまえで、きゅうこうからかくえきていしゃにのりかえる』

P-助少年、無事に乗り換えました!!!

『せたがやだいたでおりて、ふみきりをわたる』
『まっすぐすすんでおおきいどうろをわたる』
『だいたよんちょうめのバスていから、かまたえきゆきのばすにのる』
この辺は、前におかあさんといっしょにおじいちゃん、おばあちゃんの家に
行く時の記憶があるので、余裕だぜ!!!
と思って各駅停車の車内で何度も読み返していました。

無事に世田谷代田で各駅停車を降りたP-助少年、、、

改札でキップを駅員さんに手渡すと、
眩しい光の向こうから・・・
『ひろあき!!!』

おばあちゃんが駆け寄ってきました。

後日聞いた話ですが、
心配で心配でしょうがなかったおばあちゃんは、
『今でましたよ!』という、私のお母さんの電話を受けて、
本当は降りるバス停で待ってる約束だったんですが、
いてもたってもいられず世田谷代田の駅まで来てしまったんだそうです!

『絶対に大丈夫!』と強がって家を出たP-助少年、
おばあちゃんの顔を見た途端、嬉しくて嬉しくて・・・

一緒に手を繋いで踏切を渡り、おばあちゃんとバスに乗って、
オーバーパスやアンダーパスが大好きだったので、
バスが側道に行かないで上にのぼったり下に行ったりする度に
大騒ぎしてました。

・・・・・

そんななつかしい想い出・・・・・

世田谷代田の駅、踏切が今日でなくなる・・・・・

リハーサルスタジオが世田谷代田に近かったので、

慌てて準備してかなり早めに家を出ました。


車を世田谷代田駅側のコインパーキングに滑り込ませたP-助。

普段から気を付けていれば良かったんですが、

すでに

当時の駅舎はなく、

おばあちゃんの面影がある改札は

なくなっていました。
c0127670_4142652.jpg

あたりまえですね\(_ _。)

ですが、はっきりと当時の様子が脳裏に浮かんできます。

踏切も40年前の面影が・・・
c0127670_4161553.jpg
おばあちゃんと手を繋いで渡った踏切・・・

おばあちゃん、ありがとう!

ありがとう、世田谷代田駅。
c0127670_4195826.jpg




突然開いた『想い出』という本を胸にそっとしまって、リハーサルに向かったP-助です。
[PR]
by pf-key-kago | 2013-04-02 04:30 | おやじの独り言 | Comments(8)